貴賤

novelup.plus

実に惜しかった!(賞賛)

♡
 

0

 
〇
 

100

この作品は『第3回雑食ベアーの小説読むよ』で応募された作品でした。 私はこの作品を当たりといたしましたが、欠点がなければ大当たりにしても良い程の作品でした。 人物の心理状態の描写が特に素晴らしく、リアルな設定に脱帽! 本当にこのような家庭環境があってもおかしくないし、主人公も母親も父親も現実に存在しているように感じます。 ただ、この作品は文章が少し読みづらいのが問題であり欠点である。 そこで、大当たりが漏れたの特に印象的でした。 だが、それでもこの作品は素晴らしい! 短編なので時間が無い人にオススメです。 読んだことのない人は是非! 読んで欲しい!